読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーですが転職します。

6年半勤めた士業個人事務所に限界を感じ、退職しました。無事転職できるといいのですが。

鑑定事務所からの電話

お昼前、私の携帯に前の職場(不動産鑑定士事務所)から 電話がかかってきました。 正確には事務所のYさんから。 あまり気は進みませんが、取り敢えず出ると Yさん「somashibaさん、すみません。Yです。 ちょっとお聞きしたいことがあるのでお電話しました。…

無事退職しました。

2月中旬、約6年半務めた不動産鑑定事務所を退職しました。 いろいろあった事務所ですが、取り敢えず退職できてよかった・・・ お給料も普通どおり頂いたし、退職金手続きの書類ももらったので この事務所にしては上出来かな。 ※普通は全て事務所がしないと…

引き止めにあう。

出勤前、息子のお弁当作りや自分の支度でバタバタしていた時、 事務所のYさんの娘さんから携帯に電話がかかってきました。 Yさんの娘さんは事務所とは全く関係ない仕事をされており 基本的には事務所とは無関係の人です。 私が入社したころから面識はあり…

退職を告げたその後

先生に退職を告げた後、先生が劇的に変わりました。 今まで気分屋だった先生が私には一切怒らなくなり、 それどころか私を気遣う始末。 例えば、出来上がった評価書を納品する時 いつもだったら私に「届けといて」だけだったのが 「寒い中ご苦労さんやけど、…

退職を告げる

昨年からずっと考え続けていたこと 今の事務所を退職するということ。 今年の初め・・・とうとう先生に言ってしまいました(+o+) いろいろ考えましたが、この先事務所は先細っていくのが目に見えており それに伴い私の給料も確実に下がる(下げられる)であろ…

想定の範囲内

今日は中身の濃い一日でした。 新スキームの取引事例提出〆切→間に合わず・・・(T_T) 挙句の果てには事務所のパソコンネットワークが繋がらなくなる というハプニングに見舞われ・・・ 終日、先生にギャアギャア喚かれ続けました*1 うちの事務所って〆切間際…

挨拶を返さない先生

先週金曜日の朝の出来事。 いつものように自転車で通勤していると 事務所近くで先生を発見(+o+)先生も自転車通勤。 今日はちょっと早いな~(嫌)と思いながらも 駐輪場で「おはようございます」と一言。 先生、無視。 今日は先生機嫌悪いなと思いながらも聞…

地獄の4時間ドライブ

今日は朝から先生が固定資産税評価替えに伴う ブロック会議に出席するのでお昼まで不在。 とにかく仕事が捗りました(*^_^*) お昼頃先生が会議終わりで事務所にご帰還。 開口一番「午後から新スキームの現地回るから準備しといて。」 (T_T)(T_T)(T_T) その日…

同業事務所なのに

つくづく思いますが 現在の不動産鑑定事務所や前職の法律事務所の他の事務所が 羨ましいと思うことが多々あります。 「隣の芝生は青い」という言葉が ぴったり当てはまる事務所もありますが、 そうでない事務所も結構あるみたいです。 でも人間的に良い先生…

不動産鑑定事務所に入った理由⑪

明日からまた仕事だ~(+_+) 明日は先生が出張で高知に行くので 帰りは多分夕方くらいになるはず・・・ちょっと気が楽です。 また出張に行く前に、 いろいろ(急ぎでない案件を含めて)指示されるんだろうな。 今週は〆切が何件かあるのでかなり忙しい週にな…

不動産鑑定事務所に入った理由⑩

事務所を退職したSさんは 現在、農家に転職し会社を立ち上げています。 元々、実家が農家だったこともあり 再就職は会社員ではなく、農業という道を選択しました。 人間相手の仕事で精神的に参ってしまったので ストレスフリーな人生を送って欲しいと思いま…

不動産鑑定事務所に入った理由⑨

だんだんとタイトルと本文が的外れになっているようですが まあいいか(笑) Sさんの退職が決まってから 私は必死で事務作業を覚えました。 まずは鑑定の一連の流れから。 地価公示&地価調査&固定資産税評価替え& 相続税(国税)&精通者意見&一般鑑定な…

不動産鑑定事務所に入った理由⑧

退職勧告を受けて、自己都合退職することを決めたSさん。 退職日は1か月後の9月20日に決まりました。 先生は「辞めるなら再就職のこともあるだろうから 引き継ぎなどは考えず、すぐ辞めてもいいぞ」と言ってましたが Sさんは私のことを心配して、1か…

不動産鑑定事務所に入った理由⑦

平成23年8月のある日の午前中、 Sさんが先生に呼ばれ、2人でしばらくの間 話し合いをしていました。 Yさんは何か事情を知っている様子でしたが 私には何も言わず、素知らぬ顔で仕事をしていました。 しばらくして部屋からSさんが出てきて席につこうと…

不動産鑑定事務所に入った理由⑥

私が鑑定事務所に入ってから1年はいろいろありましたが 先生、Yさん(事務員という名の先生の元内縁妻)、Sさん、私 の4人体制で動いていました。 大きな動きがあったのは平成23年夏。 先生のSさんに対する態度が激しくなってきたのです。 仕事へのダ…

不動産鑑定事務所に入った理由⑤

前回の続きです。 事務所の全ての仕事を男性事務員のSさんに 任せていた 押し付けていた先生は その間何をしているかというと・・・ 自分の部屋のソファーに寝転がって本を読んでいます。 案件が〆切間近になると、イライラし始め Sさんの周りをウロウロ<`…

不動産鑑定事務所に入った理由④

事務所の社長である鑑定士の先生は 絵に描いたようなワンマン社長です。 見た目は今をときめく東京都議会のドン、内田茂さんに似ています。 男性事務員のSさんがまだ在籍していたころ とにかくSさんを怒鳴りつけていました。 Sさんは鑑定士になるために勉…

不動産鑑定事務所に入った理由③

初出勤当日。 遅刻は絶対できないので 始業時間(9時)の約30分前に到着。 男性事務員のSさんは既に出勤していて 事務所の周りを掃き掃除していました。 ちょっと慌てた私はSさんに 「掃除を変わります」と言うと Sさんは「これは僕の仕事だからいいよ…

不動産鑑定事務所に入った理由②

面接当日。 ドキドキしながら事務所に向かうと ド派手な服装の高齢女性(Yさん)が笑顔で迎えてくれました。 その他には中年の男性(Sさん)が1人。 そして不動産鑑定士の先生の合計3人の事務所のようでした。 面接といっても履歴書を見て、前職はどんな…

不動産鑑定事務所に入った理由①

約6年前、私は今の勤務先である 不動産鑑定事務所に採用されました。 その前は弁護士事務所にパラリーガルとして勤務していましたが 人間関係&弁護士のワンマンが原因で平成22年1月に退職。 その後、ハローワークに通いながら 仕事を探すもこれといった…

今の仕事について

現在、私は不動産鑑定事務所で働いています。 不動産鑑定とは不動産の経済価値を判定し、その結果を価額に表示すること。 ※ウィキペディアより抜粋 つまり不動産という資産に値段をつけること。 不動産鑑定士はその国家資格を持った専門家です。 持ち家の方…