読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーですが転職します。

6年半勤めた士業個人事務所に限界を感じ、退職しました。無事転職できるといいのですが。

不動産鑑定事務所に入った理由①

約6年前、私は今の勤務先である

不動産鑑定事務所に採用されました。

 

その前は弁護士事務所にパラリーガルとして勤務していましたが

人間関係&弁護士のワンマンが原因で平成22年1月に退職。

 

その後、ハローワークに通いながら

仕事を探すもこれといった資格や経験が無いため

不採用の日が続きました。

 

当時、志望していた職種は事務職(土日祝休み)。

理由は息子がまだ小学校低学年だったため

息子が休みの日は一緒に過ごしたかったんです(*^_^*)

 

求人には契約社員&パートのものが多く

ハロワの職員からも勧められましたが

一貫して正社員を希望。

そんな中、事務職=経理という道もあると気づき

簿記を勉強するため、大栄経理学院(現:資格スクール大栄)

に通い始めました。

 

無職ですがそこは実家暮らしの強み、両親には甘えさせてもらい

毎日簿記の勉強に時間を割くことができました。

その甲斐もあり3級は合格。

2級は難しくて不合格でした。

 

簿記の資格取得と並行し、就職活動もしていたので

不合格だった簿記2級をもう一度勉強し直そうか考えていたとき、

今の職場である不動産鑑定事務所の求人と出会ったのです。

 

その時、平成22年9月。

前職を退職してから約8ヶ月経過していました。

もう少しで無職生活1年を迎えてしまう・・・

焦りもあり、とにかく私は不動産鑑定事務所に電話を掛け

面接してもらうことになりました。

※この求人はハロワではなく、地元のフリーペーパーに

掲載されている求人でした。

今思えばハロワでもなく、転職サイトでもない求人に

応募した自分がバカでした。