読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーですが転職します。

6年勤めた士業個人事務所に限界を感じ、退職しました。無事転職できるといいのですが。

不動産鑑定事務所に入った理由⑥

不動産鑑定事務所

私が鑑定事務所に入ってから1年はいろいろありましたが

先生、Yさん(事務員という名の先生の元内縁妻)、Sさん、私

の4人体制で動いていました。

 

大きな動きがあったのは平成23年夏。

先生のSさんに対する態度が激しくなってきたのです。

仕事へのダメ出しはもちろん、普段の雑談でも

Sさんに対して攻撃的になっていました。

 

鑑定の仕事はひとつとして同じ案件がないので

不動産の価格を決めることは、非常に神経をすり減らす仕事です。

いろいろな要件を考慮して価格を決めていきますが

そこに至るまでの考え方が鑑定士によって様々なので

価格に大きな差が出ることがあります。

 

Sさんは今までの経験があるので、一通りの業務はこなせます。

会議は全て出席、もちろん現地調査にも随行です。 

仕事の打ち合わせには必ず同席し、そのあと依頼を受ければ

今後の方針を先生と相談し、進めていきます。

 

なので先生から激怒されるような仕事ぶりはしていないんです。

当時、先生が怒っていた内容は、評価書の文言の指摘が多かったように思います。

 

挙句の果てにはSさんが送信したFAXに「担当:S」という記載をして

送ったということで激怒。

 

今後一切Sさん名前を記載してFAXはするな!!

ということになりました。(-_-メ)

(今まで散々送ってたのに・・・

というか担当者名を入れないと、Sさんに繋がらないでしょ)

 

あまりにもひどい態度にSさんも我慢ができなかったのか

私に「最近の先生の態度はひどいよね。僕を辞めさせたいのかな?」

と話してきました。

 

私もうすうすそのように感づいていたので

「もしかしたらそうなのかもしれませんよね」と言うと

Sさん「そう思うよね。はあ・・・」と疲れた様子でした。