読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーですが転職します。

6年勤めた士業個人事務所に限界を感じ、退職しました。無事転職できるといいのですが。

不動産鑑定事務所に入った理由⑦

不動産鑑定事務所

平成23年8月のある日の午前中、

Sさんが先生に呼ばれ、2人でしばらくの間

話し合いをしていました。

 

Yさんは何か事情を知っている様子でしたが

私には何も言わず、素知らぬ顔で仕事をしていました。

 

しばらくして部屋からSさんが出てきて席につこうとした時

同じく部屋から出てきた先生が一言

「Sくん、いつごろ辞めるのか明日にでも言うてくれ。

うちはいつでもいいから。」

 

ええ~っ!!(@_@;)

退職勧告?

解雇じゃなくて自己都合にしようとしてる?

 

しかも私の目の前で言わなくても・・・

Sさんの立場が・・・

 

お昼休みにSさんが先生に言われたことを話してくれました。

 

 

先生:鑑定士の資格はとらないのか?

 

Sさん:勉強はしてきましたが、自分には無理だと思います。

 

先生:鑑定士にはならんのだな?

 

Sさん:はい。

 

先生:これまではSくんが鑑定士の資格を取ると言うから

   事務所としてはその分を考慮して(上乗せして)給料を出していたが

   資格を取らないのであれば給料を下げざるを得ない。

   somashibaさんと同じ程度の給料で事務員を続けるか

   それが嫌なら別の道を行くか。

   どちらか決めてもらいたい。

 

という内容だったそうです。

も~衝撃です。

だって、鑑定士の資格を取るから給料上乗せしていたというのは大嘘。

 

Sさんが打ち明けてくれましたが、基本給は10万。

それに皆勤手当、残業手当が加算されていただけでした。

私も基本給10万です。

 

Sさんの場合、25万程度もらっていたそうですが

国民健康保険国民年金をSさんとSさんの奥様分の

支払いがあるのでそれを払うと20万は切ります。

持ち家だったようですが、税金関係の支払いもあり

小学生の子供さん2人と奥様のお母さんも扶養しているので

生活はかなり厳しいと言ってました。

 

それを聞いてびっくりしました。

男性事務員が士業事務所で働くということは

資格を取る前提でないと働いてはいけないということも分かりました。

 

そしてSさんは退職することを決めました。