読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラフォーですが転職します。

6年半勤めた士業個人事務所に限界を感じ、退職しました。無事転職できるといいのですが。

法律事務所に入った理由③

男性事務員のAさんが退職したあと

外回りの雑用は私を含む4人の女性事務員の担当になりました。

外回りはデスクワーク中心の事務職の気分転換にもなり

私は好きなのですが、この事務所では少し苦手でした。

 

当時、弁護士はいろいろな分野で弁護士業務をしていたので

事務所を不在にすることが多く、事務所には事務員4人が主でした。

なので雑談がとても多く、私が外回りに出ると

残りの3人だけで話が盛り上がり、帰ってきた私は

その後、全く会話の輪に入れないということが多々ありました。

 

基本的に個々の案件によって処理する方針が違うため

その方法も事務員によって様々です。

事務所の弁護士は多忙で、いちいち指示はしてもらえず

事務員がある程度方針を考えて、弁護士に報告&相談しながら

進めていきます。

 

なので仕事について分からないことがあっても

他の事務員からのアドバイスは無意味の時もあり、

次第に事務員に聞いてもきちんと教えてくれなくなりました。

 

事務員のIさんは私に対しては結構あたりがきつく

私が子供の参観日などで休みを取ると必ず

「いいな~私も休みたい!」と言われました。

 

しかもIさんは自分が子供を産んだら

自分の両親に育てさせてすぐに働くとまで言っていたので

根本的に分かり合える人ではなかったようです。

育児は絶対したくないんだとか。

 

この時点でIさんが自分とは相性が合わないと痛感するのでした。